大量の古紙回収も無料で安心

大量の古紙回収も無料で安心

オフィスや自営業などで勤務していると、日々不要な古紙が発生します。それは、相手先とのやり取りが記載してあったり、落書きやメモ程度で使用しただけなど種類は様々でしょう。これらの古紙を一括で処分してしまうと、機密情報などが洩れてしまう恐れがあります。個人情報や会社のセキュリティに関わる古紙を処分する際、シュレッダーにかけただけではセキュリティ対策として甘いため、溶解するなどしてしっかりと処理する必要があります。

このような処理に関しては、無料で古紙回収をしてくれる業者に依頼するのがオススメです。シュレッダーにかける作業は、非常に手間であり、量が多ければ何時間もかかってしまうかもしれません。人件費もかさみますし、仕事の効率も低下するでしょう。業者に依頼してしまえば、処分の手間が一気に減ります。通常処理で問題のない古紙と、機密情報が書かれており特別な処理が必要な古紙を別にして保管する癖さえ付けていれば、後は業者が責任を持って処分してくれます。機密情報入りの書類はダンボールに入れるようにし、いっぱいになったらガムテープなどでしっかりとフタをしましょう。そのダンボールごと古紙回収の業者は製紙工場へと運んでくれます。そこで溶解されますが、溶解処理までの間にダンボールが開封されることは決してありません。そのため業者の方にも機密情報が漏れる心配もありませんし、個人的に処分するよりも手っ取り早いでしょう。

溶解後にはしっかりと溶解証明書をもらえる場合もあるため、相手先と何かあった際にも重要な証拠となりえます。機密情報入りではなくても、無料の古紙回収を利用するメリットは多くあります。ただ燃えるゴミとして燃やしてしまった場合と異なり、古紙として処分した場合はトイレットペーパーや再生紙としてリサイクル可能となります。無料の古紙回収サービスを利用するだけで、地球の環境保護に繋がるのです。

大量の古紙は重量があるため紐でまとめたり、ゴミ捨て場に持っていくという作業は疲れてしまいますし、大量である場合は引き取ってもらうのにお金が発生するケースもあります。また、処分するにあたって決められたシールを貼る必要があるなど、手間がかかります。そういった手間をなくすためにも、無料で古紙回収をしてくれる業者の利用を検討してみてください。業者によっては毎日回収してくれる場合もあるため、保管場所に困っている場合にも最適です。

最新記事

  • 2020年08月26日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP